薔薇につく害虫対策

Rosa chinensis

薔薇につく害虫対策

色とりどりの美しい花を咲かせる薔薇は、花束やガーデニングなどでとても人気の高い種類の花です。 しかし厄介なことに、薔薇は害虫の被害に遭いやすいという性質を持ちます。美しい姿を保つためにも、害虫対策を適切に行う必要があるでしょう。 薔薇につく代表的な害虫には、アブラムシやバラゾウムシ、チュウレンジハバチ、ハダニやコガネムシ、カイガラムシなど、他にもたくさん存在します。 若葉・新芽に群がるようにつくのがアブラムシで、薔薇に限らず植物ではメジャーな害虫です。 アブラムシ対策には発生しやすい春から秋の間、月に一回専用の殺虫剤を吹き付けるのが効果的となります。 バラゾウムシやチュウレンジハバチなど、他の害虫に対してもその虫に有効な殺虫剤で駆除する方法がとられますが、バラゾウムシは新芽やつぼみの部分に卵を産みつけますので、その部分は切り取って処分するのがよいでしょう。 この他の害虫もそれぞれ特徴を持ち、駆除方法に違いが見られますので、十分な知識を得てから駆除を行うようにしてください。

古代から人々に愛されてきた薔薇

薔薇は世界中で愛されている花で毎年新種の花が作られています。
古代から文学や絵画のモチーフにされた他、化粧水や香水の原料になったり薬として栽培されていた事もありました。
香りには気持ちを明るくする効果があり、化粧水として利用すると肌に潤いを与え老化を防ぐ効果があり、アロマオイルなどにも利用されています。
薔薇の品種は大きくオールドローズとモダンローズに分けられます。
1867年以前の物をオールドローズ、それ以降に出来た物をモダンローズとしています。
オールドローズが春にしか咲かないのに比べて、モダンローズは四季咲きで花が長くもつのが特徴です。
花屋などで売られているもののほとんどがモダンローズです。
しかしオールドローズにはオールドローズ特有の魅力があります。
病害虫に強く春に一斉に花を咲かせるので見事です。
また素晴らしい香りがするため、好んでオールドローズを育てる人もいます。
木の形も直立性のもののほか小さな藪を作る物、つる性のものなど様々な形の物があり、組み合わせて植えることで庭に色々な表情をつける事ができます。
またミニバラなども鉢植えや花壇に植えるのに人気があります。
今世界中の育苗家が目指しているのが青い色の薔薇を作ることです。
紫に近い色のものは出来ているのですが、鮮やかな青色の花を作るのは難しく英語でブルーローズというと不可能な物の存在になっているくらいです。
しかし多くの育苗家の努力で徐々に青に近いものができています。

check

ゴヤール バッグ 通販
http://furyu.ln.shopserve.jp/
不用品回収 福岡
http://www.f-eco.jp/
不用品回収 神奈川
http://www.fuyouhin-kaishuu.com/fuyouhin.html
石垣島 ダイビング
http://diveparappa.com/
医療用ウィッグの販売店【あっちパパ】
http://www.iryouyouuiggu.net/