薔薇につく害虫対策

Rosa chinensis

薔薇につく害虫対策

色とりどりの美しい花を咲かせる薔薇は、花束やガーデニングなどでとても人気の高い種類の花です。 しかし厄介なことに、薔薇は害虫の被害に遭いやすいという性質を持ちます。美しい姿を保つためにも、害虫対策を適切に行う必要があるでしょう。 薔薇につく代表的な害虫には、アブラムシやバラゾウムシ、チュウレンジハバチ、ハダニやコガネムシ、カイガラムシなど、他にもたくさん存在します。 若葉・新芽に群がるようにつくのがアブラムシで、薔薇に限らず植物ではメジャーな害虫です。 アブラムシ対策には発生しやすい春から秋の間、月に一回専用の殺虫剤を吹き付けるのが効果的となります。 バラゾウムシやチュウレンジハバチなど、他の害虫に対してもその虫に有効な殺虫剤で駆除する方法がとられますが、バラゾウムシは新芽やつぼみの部分に卵を産みつけますので、その部分は切り取って処分するのがよいでしょう。 この他の害虫もそれぞれ特徴を持ち、駆除方法に違いが見られますので、十分な知識を得てから駆除を行うようにしてください。

check

ゴヤール バッグ 通販
http://furyu.ln.shopserve.jp/
不用品回収 福岡
http://www.f-eco.jp/
不用品回収 神奈川
http://www.fuyouhin-kaishuu.com/fuyouhin.html
石垣島 ダイビング
http://diveparappa.com/
医療用ウィッグの販売店【あっちパパ】
http://www.iryouyouuiggu.net/